11R 優駿牝馬(G1)結果

11R 優駿牝馬(G1)結果
1着トールポピー 牝3 55.0 池添謙一
明らかな斜行、審議委員も社台Gの威圧に屈したか、そのまま確定。まあレッドが惨敗だったので降着になっても外れでしたが、非常に後味の悪いレースだった。もうこれ以上書く気力無し。
次週はダービーか、どうもメンバー見ると盛り上がらない、Dスカイが勝利に1番近そうだが、四位がダービー2連覇と云うのがピンと来ない、皐月の凡レースを見ると、サクセスブロッケン、青葉賞1,2着のAコマンド、クリスタルウィングで何とか成るのではないか。

気持ちも落ち着いたので、簡単に回顧
1着△トールポピー 牝3 55.0 池添謙一
ジャングルポケット×サンデーサイレンス
9R 葉山特別で母父トニービンが1着に来たので、この馬もソコソコやれると思ったが、「鞍上の二日間の騎乗停止」騎乗で見事1着、切れる末脚が無いこの馬には、渋った馬場も良かった。
2着エフティマイア 牝3 55.0 蛯名正義
フジキセキ×ニホンピロウイナー
事前予想で血統から嫌われるならば、大いに妙味有ると書きながら、馬場が悪いので切ってしまいました。フジキセキ産駒にとって、ヤヤ重まで回復したのが向いた様です。そして蛯名J府中2,400m侮るなかれ。
3着▲レジネッタ 牝3 55.0 小牧太
フレンチデピュティ×サンデーサイレンス
桜花賞勝ち馬ならば、この着順は位は来るでしょう。

4着◎ブラックエンブレム 牝3 55.0 松岡正海
ウォーエンブレム× ヘクタープロテクター スタート決めて、それだけは止めてくれの、逃げに成るかと思ったが、3番手付近に落ち着き直線に入り、ヨシ!と思ったがレジネッタに交わされ4着、しかし先行してこの頑張りは、強い内容。

5着オディール 牝3 55.0 安藤勝己
クロフネ× Darshaan
トールポピーに邪魔され無ければ3着以内は有った。

来年への伏線
・距離が長いと思われたエフティマイアが2着、オディール不利を受けての5着、短中距離血統でも要注意
・昨年は父Grey Sovereign 系のローブデコルテが優勝、今年も父系同じのトールポピーが優勝、府中はGrey Sovereign 系健在
・母父SSが1,3着
・結局は桜花賞組が1,2,3着独占

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-05-25 17:14 | 競馬 | Comments(2)

Commented by umajirusi at 2008-05-25 20:10 x
こちら、エフティマイアは想定外でした。
軸馬レッドアゲートの走りはさっぱりでしたが、その敗因も私にはさっぱり?な状況。足下が悪い中での競馬はどうにも当たりません。そろそろ稼がないと後がツライなぁ…。
Commented by 不透明 at 2008-05-26 19:56 x
レッドアゲートは典型的なトライアルホースだったとしか、考えようが無いですね、ダービーはドウナルノカ、頭が痛いです。