安田記念(G1)結果

安田記念(G1)結果
1着ウオッカ 牝4 56.0 岩田康誠
タニノギムレット(ロベルト)×ルション(Never Bend系)
馬体フックラ、周回も外を回り活気が有った。パドックで良く見せていた一頭
発馬好スタート、3歳時に戻ったかのような先行策、直線に入り仕掛けると後続を突き放しそのままゴール、強い。
宝塚はパスして休養後、秋天希望。

2着アルマダ セ7 58.0 ホワイト
トウケイ(Nダンサー系Rタイク-ン)×レッドテンポ(ハイぺリオン系)
香港勢では馬体維持していたのはこの一頭だけ、そして今日本番までの前レースに、騎乗していたのはホワイト騎手のみでした。

3着エイシンドーバー 牡6 58.0 福永祐一
Vギャロップ(ミスプロ系)×クリエス(ターントゥ系・ロベルト)
カンパニーに食い下がった前2走は伊達では無かった。福永も功騎乗。

4着エアシェイディ 牡7 58.0 後藤浩輝
良く頑張ったが、やはり外を回すと4着が精一杯だったか。

5着スズカフェニックス 牡6 58.0 武豊
いつも通りの競馬で、この結果、仕方無しか。

6着コンゴウリキシオー 牡6 58.0 藤田伸二
この馬の競馬はした。気になっていたのが昨年は坂路追い、今年はコース追いに代えていた事。
◎ニシノマナムスメ、16着。もう少し前で競馬するかと思ったが案外、不利も有ったが勝ち負けまでは無理だったか、今後の成長望む。

1番人気スーパーホーネット 牡5 58.0 藤岡佑介 8着
発馬後手を踏んだのが痛かった。

結局先行した馬で決着した安田記念でした。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-06-08 16:28 | 競馬 | Comments(2)

Commented by umajirusi at 2008-06-09 00:17 x
>今日本番までの前レースに、騎乗していたのはホワイト騎手のみ
これに気づいていれば手が届いたかも…8枠3頭が臭いと狙いを定め、スズカフェニックスを軸にしたのですが……。
Commented by 不透 明 at 2008-06-09 20:32 x
馬場の整備技術が進んだのか、ウォッカの延びも強烈でしたし、内を通った馬が残る競馬続きですね、これを糧にまた頑張りましょう。