宝塚記念(G1)

安芸S(1600万下) 、◎ハーベストシーズン12着、高速馬場では分が悪かった。馬場を読んでいなかった自分が悪い。

宝塚記念(G1)
梅雨空に響くファンファーレは春G1のエピローグか、はたまた夏競馬の始まりを告げる序曲か、結果はどうあれグランプリを楽しもう。

馬場は重予想
◎メイショウサムソン 牡5 58.0 武豊
去年の乱ペースでもキッチリ2着確保、体調良し、先行横綱相撲で勝ってくれ。
○インティライミ 牡6 58.0 佐藤哲三
・昨年は乱ペースと不利も有って7着、今年は昨年程の乱ペースには成るまい。
・出走馬中、阪神での上がり3ハロンは最速
・Sウィーク産駒は渋った馬場得意
・母父Nテーストで、成長の余地はまだまだ有る。
・ダービーでDインパクトの2着馬がここで復活(と行きたいものです)
さて◎ー○1点馬単、ワイド勝負で行くか、それとも固定の3連単流しと3連複勝負で行くか、悩み所です。
3連単流しと3連複勝負で行くならば、フォルテベリーニ、アサカディフィートを外して、残りの馬全部に流します。

当初はカンパニーも考えたが、2,200mならばインティライミを獲ります。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2008-06-28 20:37 | 競馬 | Comments(1)

Commented by umajirusi at 2008-06-29 16:09 x
おめでとうございます…ですか!?
こちらの軸馬エアシェイディは、距離が長かった…のか、阪神の最後の坂が克服できなかったのか、どちらか分かりませんが、両方かもしれません(笑)