京都牝馬S(G3)結果

京都牝馬S(G3)
何時まで内が延びる馬場なんだ?
1着、チェレブリタ 牝4 53.0 武豊
ブラックホーク(Nureyev)×アンバーシャダイ(ノーザンテースト)
武豊弁「外を回す事は考えていませんでした」鞍上の作戦勝ち
2着、レインダンス 牝5 54.0 藤岡康太
ダンスインザダーク×Bob Back (Roberto )
外を回して来た馬で、ただ一頭延びて来た。ザレマと違い母父Roberto 系で溜めれば延びる口か
3着、ザレマ 牝5 54.0 安藤勝己
ダンスインザダーク×Zafonic(Mr. Prospector )

◎クラウンプリンセス、〇ハチマンダイボサツの両頭、外を回してきたが直線全く延びず。外差し馬場と読んだが、全くの見込み違いだった。ガックリ

11R 根岸S(G3)
ダンツキッスイが鼻を奪う展開
1着、⑪フェラーリピサ 牡5 57.0 岩田康誠
Touch Gold(Deputy Minister)×Capote (Seattle Slew )
休養明けも関係無し、アッサリ差し切る。流石はこのコース・レコードホルダー

2着、④ヒシカツリーダー 牡5 56.0 木幡初広
フサイチコンコルド×Chief's Crown(Danzig )
直線怒涛の追い込みも僅か届かず。

3着、〇③セントラルコースト 牡4 55.0 内田博幸
War Chant(Danzig)×Sir Ivor(Turn-to )
先頭には立てなかったが道中3番手の好位置、最後は力量の差で3着。


内田J、セントラルコーストを巧く3着に持たせたが、肝心の◎Aスバルが4着でアウト、外枠が響いた模様。やはり内枠が有利。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-02-01 16:26 | 競馬 | Comments(0)