きさらぎ賞(G3)

きさらぎ賞(G3)
・SS系の天下も開催が進んで力の要る馬場になり、ロベルト系などのスタミナ種牡馬産駒の逆転に注意。
・外差し
・前走500万下で上位人気で勝った馬が優勢
有力馬
リーチザクラウン 牡3 56.0 橋口弘次
スペシャルウィーク×Seattle Slew
ラジオNIKKEI杯(G3) ではスピードの違いで先頭に立ち、目標にされる厳しい競馬。2着に踏ん張った地力を評価すべきか、問題は馬体重の減少と、荒れ馬場に多少の不安が有る。
さて今回は控える競馬を試すのか、それとも確たる逃げ馬が居ないメンバーが揃い、押し出されるように鼻へ立つのか?

リクエストソング 牡3 56.0 石坂正
シンボリクリスエス×トニービン
前走、福寿草特別(500万下) 1着馬、センス有るレース振りは評価したい。父がロベルト系シンボリクリスエスで、力の要る馬場は好都合、逆転1番手候補か。

キタサンガイセン 牡3 56.0 松田博資
スペシャルウィーク×Danzig
前走、ビオラ賞(500万下) 1着馬、その時のラップが34.3-38.3と前傾ラップで前がバテた中、後方から差した競馬、上がりが早く為る京都では少々不安、ただ、鞍上安勝に戻るのは不気味では有る。

ベストメンバー 牡3 56.0 宮本博
マンハッタンカフェ×サクラユタカオー
前走、寒竹賞(500万下) 1着馬、タイフーンルビーが飛ばす展開で、後方からの競馬がハマッた感も有る。京都2歳ステークスで2番手追走し4着を、どう評価するか。

ダノンカモン 牡3 56.0 池江泰寿
シンボリクリスエス×オジジアン(Damascus )
前走、さざんかS(OP)1,400m1番人気も、距離が短かったか6着。溜めれば末脚確実で、今回岩田J確保して前進可能。

穴馬候補
ピサノキコウシ 牡3 56.0 安田隆行
キングカメハメハ×サンデーサイレンス
前走つばき賞(500万下) では重馬場が応えたか1番人気で10着と大敗も、新馬戦で負かした馬が次走で好走。この時の4着馬マイネルクラリティは、共同通信杯出走で8着だが、不利が無ければ、もっと上位に来てたはず。そして母父SSに期待。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-02-10 21:19 | 競馬 | Comments(0)