ダイワスカーレット引退

きさらぎ賞(G3) 、リーチザクラウン完勝でしたがスローな展開での、楽逃げ勝ちだったけに評価が難しい一戦だった。

ダイワスカーレット、結局は浅屈腱炎だった。父タキオンも僅か4戦で引退しただけに、産駒も体質的に弱い面が遺伝している感じがする。これだけの馬だけに、良い仔を産んで貰いたいですね。

フェブラリーS(G1)
ヴァーミリアン、カネヒキリに、エスポワールシチー、フェラーリピサ、カジノドライヴがどこまで食下がれるか。
穴っぽい所では、アドマイヤスバル、サクセスブロッケン、バンブーエール、サンライズバッカスが目に付くが、まあ流石に連下までと思うが。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2009-02-16 20:22 | 競馬 | Comments(4)

Commented by 大外強襲 at 2009-02-17 16:03 x
スカーレットの引退は残念ですね。
子供に期待をしたいです。

フェブラリーSですが、サクセスブロッケンあたりが何とか・・・
と思いたいですが、力の差があるようで・・・
人気通り+ちょい穴?かなとおもっています。
Commented by 不透明 at 2009-02-17 18:40 x
屈腱炎では、しょうがないですね、Dインパクトの仔とG1で張り合うような馬を産んで貰いたいです。今年最初のG1フェブラリーS、好メンバーが揃い楽しみですね。
Commented by yoshimura at 2009-02-17 19:52 x
FS穴馬が見つかりませんねー。
うーん。差し馬のどれかが3着に来るって
感じでしょうか。お手上げです。
Commented by 不透明 at 2009-02-17 20:59 x
本当に、そのとおりです。昨年のブルーコンコルド幸Jみたいに、内差しで突っ込んで来る馬に、それが出来る度胸と技量を持った騎手を、探して見たいのですが、さて・・・