健康オタク

開通した東背振トンネルの佐賀県側には山茶花の自生地が有り、今が盛りと咲き誇っているそうだ、何とか見に行きたい。


数年前に大病してから、食に関心を持つようになった。インターネットの普及で凄まじい情報量に戸惑いながらも、健康ネタを検索しています。そんな中でゲッ!知らなかった!と愕然としたのが(ちょっとオーバーか)油の事、皆さん知ってましたかトランス脂肪酸と言うのを、マーガリンを筆頭に油を使ったお菓子類、ファーストフード等多岐に渡り使用されています。ようするにトランス脂肪酸とは、マーガリンなどを製造する際、液状の不飽和脂肪酸を固形化するために水素添加を施すことによって飽和脂肪酸に変化させる過程において発生する物質である。ちなみにマーガリンの分子を顕微鏡で見るとプラスチックの分子にそっくりだそうです。
トランス脂肪酸 で検索するとその恐ろしさがてんこ盛りです。近頃売られている健康・ヘルシーを謳った、食用油も用心した方が良さそうです。自分と家族の身は自分で守らなければ。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-31 20:47 | 日記 | Comments(2)

え!セミ?

いやーまさかこの時期に蝉が鳴くとは、街路樹のケヤキから聞こえてきたんです。ワシワシワシと・・・夏を寝過ごして、今の季節にしては暖かいのでやっと夏が来たと思ったんでしょうか?
可哀想なヤツです。回りに仲間なんて一匹も居ないんですから。

天皇賞は強気の馬単で外してしまった。横典今度こそ1着と思ったが又もや2着、ある意味凄いです。外しましたが流れ的には良い方向へ進んでいるような感じ。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-30 20:23 | 競馬 | Comments(2)

東京 天皇賞・秋(G1)

天皇賞・秋(G1)
※コスモバルクは果たして折り合いはつくのか?確かにオールカマーでは控える競馬が出来たがそれはG2での話、G1ともなれば観客のテンションも上がり、馬も敏感に感じ取る事は想像に難くない。コスモの暴走か、はたまた佐藤哲は逃げないまでも、ロングスパートを仕掛けるのか、展開を読むのが難しい。
結論
⑩スウィフトカレントから馬単
相手
④ダンスインザムード⑦スイープトウショウ⑧コスモバルク⑨インティライミ⑬オースミグラスワン⑭ダイワメジャー⑮アドマイヤムーン

飛んでも馬券
単勝 ⑪ファストタテヤマ

呟き・・・天皇家に41年振りの男子誕生、日ハム44年振りの日本シリーズ優勝。何故か④が気になる。

※それはそうと東京4R 新馬で4億超のザサンデーフサイチがデビューしますね、名前が何かその物で嫌らしい気がします。何はともあれ走りに注目
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-29 09:01 | 競馬 | Comments(2)

11R 天皇賞・秋

やはり秋だ時雨てきた、「女心と秋の空」これでこの格言も活きてくる。

11R 天皇賞・秋(G1)芝2000m 17頭
インティライミ (佐藤哲)思い切って逃げてくれると、展開的に面白くなると思うがどうだろうか。

京都 スワンS(G2)も中々好メンバーが揃いました。3歳馬の2頭ステキシンスケクン 、タガノバスティーユ が古馬相手にどこ迄やれるか、3歳馬も気になるが、古馬では終わったと思われている(私だけか)サイドワインダー、人気落ちしそうなインセンティブガイ、休養明けも仕上がり良さそうなアグネスラズベリの3頭
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-26 20:25 | 競馬 | Comments(0)

菊花賞空気の読み違い

夏の眩しさが無い秋の夕日はセツナイ

秋の夜は釣る瓶落とし、と言はれる様に暗くなるのが早い今日この頃です。しかし菊花賞の空気を読み違えたのは私でした。瀬戸口調教師に3冠を?とんでもない甘い読みでした。わずか700万で競り落とされた馬に易々と3冠獲られては、ディープの価値も色あせて見えるのは自明の理でした、そりゃあ武も必死で乱ペースを演出するでしょう。おまけに芝はレコードが出るようなガチガチの固い馬場でした。全ては後の祭りだが。
気を取り直して(何度取り直したか・・・相撲取りか!)秋天にシフトします。

11R 天皇賞・秋(G1)3歳上 牡牝○国際○指(定量) 芝2000m
スローで流れて最後の直線勝負か?
今の時点で気になる馬達
アドマイヤムーン 牡3 56.0 松田博資
コスモバルク 牡5 58.0 田部和則
スイープトウショウ 牝5 56.0 鶴留明雄
ダイワメジャー 牡5 58.0 上原博之
ダンスインザムード 牝5 56.0 藤沢和雄
以下穴っぽいところで
スウィフトカレント 牡5 58.0 森秀行
ローエングリン 牡7 58.0 伊藤正徳
今年も戦国の様相です。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-23 20:17 | 競馬 | Comments(2)

菊花賞結果

メイショウサムソン4着、3冠成らず。凱旋門賞の呪いを振り払うような武兄の鬼気迫る騎乗に、さしものサムソンもしまいは伸びきれず。横典、菊3回連続2着に終止符と思いきや、大外飛んできたのは皮肉にも武次男坊ソングオブウインドウ、闘い終わった横典の耳に、虚しい風の音が聞こえたかどうかは定かではない。

狙ったネヴァブションは敷居が高かった様です。
血統・配合論の先駆者である笠雄二郎氏のHP「ケヤキの向こう」 を覗いたら同じ予想なので結構自信が有ったが残念、でも笠氏の味わいのある文章は秋の夜長に最適です。

※速報ディープは天皇賞には不出走との報道。


人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-22 17:48 | 競馬 | Comments(2)

菊花賞はこれで

京都 菊花賞(G1)
◎⑫メイショウサムソン、3冠獲って貰います。
相手
⑥ネヴァブション、今年は地味がキーワードと思う。それならばサンデー産駒の中では、私的には比較的地味な、マーベラスサンデー を父に持つこの馬で勝負。
気になる馬も何頭か居るが、買い出したらきりが無いのでワイド1点

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-22 09:07 | 競馬 | Comments(0)

東京 富士S(G3)

11R 富士S(G3)3歳上 ○国際○指(別定) 芝1600m
配当的に旨みは無くなったが、父アンバーシャダイの晩熟の血が開花して来たカンファーベストが本命
◎⑥カンファーベスト、
相手は⑨ヴリル⑱タニノマティーニにワイドで

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-21 10:30 | 競馬 | Comments(0)

薬物問題その②

立腹二題
ディープ薬物問題の真相は?
読売新聞によると、ディープインパクトは8月にフランス入りした後、呼吸器系の不調に見舞われ、滞在先の厩舎を担当するパトリック・ラングロワ獣医師から気管支拡張剤を処方された。ラングロワ氏の談話によると「凱旋門賞に出場するので大事をとって1週間前に投薬をやめるように処方した。3~4日前に投与したとかしか考えられない」
このコメントが真実ならば、ディープ陣営がお粗末過ぎるミスを犯したとしか考えられません。何億円もかけてフランスに赤っ恥を掻きに行ったのか?年内引退は賛成だったが、こうなったら引退撤回をして、凱旋門賞に再度挑戦し汚名を雪ぐしかない!!

終わらない偽装問題
藤田東吾氏が正しく命を賭けて告発したにも関わらず、マスコミの無反応(黙殺)には愕然とした、言論統制されているとしか思えない、この国は共産国家かそれとも独裁政権なのか!!単に安倍新政権に遠慮しているとしたら、恥を知れマスコミ人!!

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-20 20:31 | 競馬 | Comments(0)

菊花賞の空気を読む

瀬戸口調教師は来年2月で引退、全体的な空気としては瀬戸口調教師に3冠をの流れか、と言う事はサムソン限りなく菊花賞1着に近いのではないか。脅かすとすれば、空気を読まない(読めない?)イネス騎手に、3年連続2着で、形振り構わないだろう横山騎手の二人が気になる。


人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2006-10-19 19:46 | 競馬 | Comments(2)