高松宮記念(G1)安勝渾身の追い

高松宮記念(G1)
セブンシークィーン、ヘッドライナーが好発を決め馬群をリードする展開、ビービーガルダンもスタート良く番手の外を回る。アルティマトゥーレはスタート躓き大きくロスをし、良く追い込むも5着と苦敗。キンシャサノキセキは中団やや前と、絶好の位置取りで直線へ入り抜け出しを図る。外からビービーガルダン安勝が襲い掛かるも鼻差でキンシャサに軍配上がる。

1着⑥キンシャサノキセキ 牡7 57.0 四位洋文1:08.6
フジキセキ×Pleasant Colony
馬場が荒れて時計が掛かったのも味方したと思うが、4連勝でG1奪取はお見事。
追加・・・4コーナーでキンシャサの回りだけ馬が居らず、エアーポケットみたいに成っていた。揉まれなかったのも良かった様だ。
2着◎⑰ビービーガルダン 牡6 57.0 安藤勝己
チーフベアハート×Westminster
安藤の渾身の追いは凄かった。
3着⑯エーシンフォワード 牡5 57.0 岩田康誠
Forest Wildcat×Cure the Blues
1、2着馬の外を追い込むが届かず。ローラー効果にヤラレタ感も。
馬券は外した(涙)。データでは4番人気以上が強いレースを無視したのがイケマセン。
これで中京競馬場も改装工事に入り、ガラッと馬場も変更するようだ。又一つ特徴の有るコースが消えるのは、何とも寂しい。最後だっただけに馬券的中したかった。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-28 17:23 | 競馬 | Comments(2)

高松宮記念(G1)

ドバイWCに挑戦した日本勢のレッドディザイアは11着敗退、世界の壁に跳ね返された。ドバイシーマクラシックのブエナビスタは直線届かず2着惜敗、ドバイゴールデンシャヒーンのローレルゲレイロは果敢に逃げるも4着。激戦を終えて無事に日本へ帰国願う。
高松宮記念(G1)
◎ビービーガルダン 牡6 57.0 安藤勝己
〇ファイングレイン 牡7 57.0 勝浦正樹
▲サンカルロ 牡4 57.0 吉田豊
左周りダメ?しかし安勝頼みで
◎馬連、ワイド
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-28 09:58 | 競馬 | Comments(0)

毎日杯(G3)予想

毎日杯(G3)
クラシックへ向けて有力馬が参戦、見逃せない一戦だ。
◎ルーラーシップ 牡3 56.0 岩田康誠
〇ミッキードリーム 牡3 56.0 和田竜二
◎と同じキンカメ産駒、つばき賞(500万下)でスプリングS(G2)2着馬ゲシュタルトを、アッサリ交わした末脚は魅力。相手揃ったここでも好勝負と見る。
▲リルダヴァル 牡3 56.0 内田博幸
△ダノンシャンティ 牡3 56.0 安藤勝己
△ミッションモード 牡3 56.0 池添謙一
△ザタイキ   牡3 56.0 武豊
◎〇軸3連複
個人的には、父ガリレオに母系がドイツ血脈のミッションモードが、どこまでやるかが見所と思う。と言う事で、配当を考え△ダノンシャンティ△ミッションモードのワイドを押さえる。

11R 日経賞(G2)
◎ナムラクレセント 牡5 57.0 小牧太
〇ネヴァブション     牡7 58.0 後藤浩輝
◎〇軸3連複
相手①②⑥⑧⑬⑮


人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-27 11:08 | 競馬 | Comments(0)

高松宮記念(G1)予告

高松宮記念(G1)
香港馬の参戦も御破算になり、盛り上がりも少しトーンダウンしたが、検討するには少し楽になったか?
有力馬
・阪急杯1、3着馬エーシンフォワード、サンカルロ
・オーシャンS(G3) 1着馬キンシャサノキセキ
・ラストランのアルティマトゥーレ
・左周りに不安が有るビービーガルダン
・末脚炸裂するかプレミアムボックス
・2008年の勝ち馬ファイングレインが復活するのか
・父子制覇を狙うショウナンカザン
この辺の争いか。
大雑把な傾向は、5歳馬優勢。過去マイルのOP、重賞で連対している馬に注意。
馬場は先週の傾向から、やはり外差し組に有利と思われる。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-25 20:59 | 競馬 | Comments(0)

11R スプリングS(G2)

11R スプリングS(G2)
◎ローズキングダム 牡3 56.0 小牧太
〇サンディエゴシチー 牡3 56.0 浜中俊
▲アリゼオ        牡3 56.0 横山典弘
△バシレウス     牡3 56.0 蛯名正義
△ゲシュタルト     牡3 56.0 勝浦正樹
☆アロマカフェ     牡3 56.0 田中勝春
☆アロマカフェの捲くりが決まるかがポイントだ。
◎馬連、ワイド☆ー〇▲△バシレウス

11R 阪神大賞典(G2)
◎ジャミール 牡4 56.0 安藤勝己
各上相手でも負けないSゴールド産駒、そして母系に底力を増強するSon-in-Lawのクロス。ここを勝てば春天も見えてくる。
〇ホクトスルタン 牡6 57.0 武豊
最高のパートナーを得て前進可能
▲イコピコ 牡4 57.0 川田将雅
△アサクサキングス 牡6 58.0 岩田康誠
△ベルウッドローツェ 牡4 56.0 的場勇人
△テンシノゴールド 牡7 57.0 吉田稔
☆メイショウベルーガ 牝5 56.0 池添謙一
馬連

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-21 10:59 | 競馬 | Comments(0)

フラワー C(G3)、若葉S予想

今週は、それなりに忙しく更新も滞ってしまった。今週の競馬は控えた方が良いと天使が囁くが、悪魔がイケイケと追い討ちを掛ける。悪魔(業?)の勝ち!でも勝負は控えめに。
11R フラワーC(G3)
ダイワフェズブルーに一発の魅力が有ると思ったが、大外枠に調教も不満では様子見か。
◎サンテミリオン    牝3 54.0 横山典弘
〇ディアアレトゥーサ 牝3 54.0 勝浦正樹
兄がNフェスタでこのコース合いそうだ。調教も更に充実で好勝負と見た。
▲イイデサンドラ     牝3 54.0 田中勝春
血統的に、このコース合いそうだ。
◎馬連、ワイド、〇複

11R 若葉S(オープン)。
◎ヒルノダムール     牡3 56.0 藤田伸二
〇ペルーサ         牡3 56.0 安藤勝己
▲ニシノマナザシ   牡3 56.0 武豊
△セイクリッドセブン 牡3 56.0 藤岡康太
△コスモエンペラー 牡3 56.0 丹内祐次
◎馬連、〇ー▲△セイクリッドセブンのワイド

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-20 10:01 | 競馬 | Comments(0)

11R フィリーズレビュー

今日は時間が無い。
11R フィリーズレビュー
◎レディアルバローザ 牝3 54.0 和田竜二
〇ニシノモレッタ 牝3 54.0 浜中俊
▲ラナンキュラス 牝3 54.0 四位洋文
阪神1400mへの適正が有りそうな馬を選んだ。ラナンキュラスは母に似た走りで、このコースも合うと見るが外枠で単穴に留めた。
この3頭で収めるか、◎〇軸の3連複も考慮中。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-14 08:39 | 競馬 | Comments(2)

アネモネS

今週はブログの更新が滞った、気持ちが入らずエアーポケットに陥った状態。
アネモネS
ここはギンザ、アニメイトの2頭を信じて
◎ギンザボナンザ
〇アニメイトバイオ
△トーセンフリージア、プリマビスティー、マイネアロマ、オルレアンノオトメ
◎〇軸、、△3着固定の3連単Fで

11R ポラリスS
ヒモ穴狙いで。
◎セイクリムズン 牡4 55.0 幸英明
〇エノク 牡6 56.0 生野賢一
▲ドラゴンウェルズ 牡7 54.0 藤田伸二
馬連、ワイド

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-13 10:39 | 競馬 | Comments(0)

弥生賞(G2)

弥生賞(G2)馬場: 重2:06.1
ヴィクトワールピサは、内ラチ沿いを進み、直線内に包まれて危ういと思ったが最後100mだけで豪快に抜け出す。強い。重馬場の懸念も必要無かった。中山は内しか延びない馬場。
1着、◎1 ヴィクトワールピサ 牡3 56.0 武豊
ネオユニヴァース×Machiavellian
2着、〇3 エイシンアポロン 牡3 56.0 池添謙一
Giant's Causeway×Sadler's Wells
3着、2 ダイワファルコン 牡3 56.0 北村宏司
ジャングルポケット×サンデーサイレンス
華麗なるスカーレットインク 一族を甘く見てしまった。

◎〇で来たが、変則馬券で外してしまった。

9R アルメリア賞(500万下)のルーラーシップは凄い根性でした。直線タムロスカイ(2位降着)に馬体をぶつけられ、あわや落馬かと云う事態、そこから盛り返すのだから大したもんだ。
キングカメハメハに、母エアグルーヴの超良血馬。今年の牡馬戦線は楽しめそうだ。
後は怪我が無い様に祈るのみ。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-07 16:44 | 競馬 | Comments(0)

弥生賞(G2)

遅くなったがドバイの前哨戦レッドディザイアは大外強襲で1着、素晴しい延びでした。こうなればドバイWCに向って欲しいものだ。残念なのはウォッカ、鼻出血で引退。華やかな戦歴を思い起こすと、甚だ寂しい幕引きとなった。
弥生賞(G2)
重馬場で取捨選択が悩ましい一戦。ヴィクトワールピサは良馬場ならば頭は間違いないだろうが、この重馬場に一抹の不安。エイシンアポロンは母父Sadler's Wellsで、ヴィクトワールピサよりは道悪適正は上だろうが、3度目の関東遠征で疲労が気になる。まあどちらか一頭は馬券に絡むと信じて、変則馬券を購入。
相手は道悪適正でパフォーマンスを上げそうな馬をチョイスした。
◎ヴィクトワールピサ 牡3 56.0 武豊
〇エイシンアポロン 牡3 56.0 池添謙一
▲ミッションモード  牡3 56.0 内田博幸
△ダイワバーバリアン 牡3 56.0 蛯名正義
△アースステップ     牡3 56.0 藤田伸二

◎ー▲△2、、〇ー△2の馬連ワイド。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2010-03-07 09:55 | 競馬 | Comments(0)