ジェンティル負けて強し?

競馬ナンデに投稿して、遂こちらのブログへの投稿はお座なりになってしまった。
天皇賞は、一応ジャスタウェイとジェンティルの馬単・馬連獲れました。
回顧
上位馬中心に回顧します。
勝ちタイム1:57.5
前半3ハロン35.0
後半3ハロン35.3
前半5ハロン58.4
1着ジャスタウェイ
トウケイヘイローが注文通り逃げて、淀み無いラップを刻み、オマケにジェンティルドンナがトウケイヘイローをマークする展開で、ジャスタウェイ福永Jにとって絶好の展開となった。後出しジャンケン騎乗はまる。

2着ジェンティルドンナ
推測だが、おそらく岩田Jは4番手付近の内で競馬をしたかったのではないか。しかし思いの外ジェンティルドンナが行きたがり、トウケイヘーローをつつく展開となった。しかしそこは昨年の年度代表馬、このペースで2着に残る。JCに出走するのだろうが、この行きたがる気性が、ペースが緩む2400mに危うさを感じる。

3着エイシンフラッシュ
M.デムーロ、外へ出すスペースも有ったのに内にこだわり過ぎた。府中は内を通過してても、4コーナー付近で外に出すのがセオリーだろう。名手も焦ったか。

4着アンコイルド
内、外回りでも器用にこなす馬。ただその分爆発力が無い。このまま善戦マンで終わるのか?

5着コディーノ
1800mまでの馬だろう。2000mならばスローな流れでないと厳しい。

10着トウケイヘイロー
1000m~1400mを11.9秒と言う絶妙のラップを刻んだが、何せ外からジェンティルドンナに、プレッシャーを掛けられる展開では、直線余力が残っていなかった。豊は、内心オイ岩田なんて事するんだと、道中思ったのではないだろうか(笑)
最後に、掲示板に乗れなかった。
オーシャンブルー、ダノンバラード、ヴェルデグリーン、ダイワファルコンの皆様、中山でお待ちしております。
人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-10-27 20:59 | 競馬 | Comments(0)

菊花賞

菊花賞
エピファネイアがキズナと戦ったダービーを考えると、抜けているとは思うが、陣営の話から外〃を回してきそうな予感。そうなると最後の踏ん張り所で、脚が残るか?能力は抜けているので、馬券外に飛ぶことは無さそうだが。
◎インパラトール
きさらぎ賞での取り消し以降順調さを欠いていたが、休養明けの準OPでいきなり2着と、力が有る事をしめした。過去準OPからの参戦は良くないが、もうそろそろ馬券内に来ても良い頃だろう。
〇エピファネイア
スムーズ差を欠いたダービーで接戦の2着。前走で折り合い面も前進を見せただけに、軽くは扱えない。
▲ヤマイチパートナー
武豊が教え込んで来た馬を、幸四郎が騎乗。一発の気配有り。極悪の函館を使いながら、G1の舞台へ駒を進めてきた馬だけに、並みの馬では無いと思う。因みに札幌記念を使ったロゴタイプは完全に調子を崩してしまった。
△アドマイヤスピカ
アザレア賞芝2400で、上がり32.8の末脚。確かにスローペースだったが、長距離で能力発揮しそうだ。
△テイエムイナズマ
幸騎手が今回は前目での競馬を示唆しているそうだ。
△バンデ
前走逃げて33.5秒の末脚は脅威。
△サトノノブレス
外枠も岩田だけに、どこかでインへ潜り込ませそうだ。
△マジェスティハーツ
大外枠も鞍上で押さえておこう。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-10-19 21:22 | 競馬 | Comments(0)

デイリー杯予想

予想の前に、先週の3連単的中で、念願の年間回収率100%越え。ここで競馬を止めれば2013年度は、悲願の100%越え達成だが、しかし止められないのが性(笑)。さてこのまま年末100%達成出来るか?
前置きが長くなりました。デイリー杯予想です。
桜花賞まではG1確定の雰囲気、ハープスターが勝った新潟2歳S(G3)が高レベルのレースだった。5着のマーブルカテドラルが芙蓉S1着、6着のマイネルメリエンダが野路菊賞3着、10着アポロスターズがカンナS(OP)1着。となると3着馬ピークトラムが、出走メンバーでは1枚抜けている。当然本命
◎ピークトラム
〇オースミチャド
姉がジュエルオブナイル、近親にnhkマイルカップ2着のツクバシンフォニーを持つ良血馬。
▲ライザン
前走緩い展開だったが、逃げて後半3ハロン33,5秒の末脚は魅力。再び岩田騎手で中団か、やや前で競馬しそうで、対抗に抜擢。
△アトム
負かしたライザンが次走で圧勝して、一躍人気馬に成りそうだが、ライザンは仕上げ途上だったと思う。その勝ったレースは中間13.3 - 13.4と緩んだ展開だったのが気になる。
△モズハツコイ
新潟2歳S8着馬。戦歴とクロフネ×バクシンオーを鑑みると距離が長いと思うが、開幕週の京都に、今回は追い込みに掛けて3着までとは思うが。

飛翼特別
直1000M。外枠、牝馬の大型馬(夏限定かも知れないが)、パワー血統、ダートで走っていた馬。
◎トーセンムンク
何と言っても人気薄(笑)。まず現級勝ち馬、前走休養明けに初の直1000M。それに単勝回収率最悪の中途半端な中間5枠。今回休養明け2戦目で外枠。ダートでも走っていた。1000Mに強い担保を持つ、名牝La Troienne のクロス有り。
相手はLa Troienneのクロスを持つ馬を中心に、狙っていきます。
〇トーセンファースト
前走休養明け
▲イッセキニチョウ
前走休養明け
△ジャパンイモン
La Troienneのクロス持ちでは無いが、前走休養明けで昇級初戦、種市特別(500万下)で0.4秒差の8着。上位に来た馬のその後を検索すると、次走でそこそこ健闘している。意外と骨っぽいメンバー構成だったかも知れない。
△エンプレスラブ
前走重馬場で前半3ハロン33.9の脚力で人気しているが、夏4戦と使われて疲労が心配。初の直1000Mも懸念材料。切っても良いかと思うが、人気薄から入ったので押さえに。
◎単複、馬連ワイド
ちょっと、やっつけ予想ですが。

人気blogランキングへ
[PR]

by krik1954 | 2013-10-05 09:22 | 競馬 | Comments(0)